So-net無料ブログ作成
検索選択
tonga 2009/09 ブログトップ
前の3件 | -

Malo `aupito Tonga ! [tonga 2009/09]

DSC_0014.jpg

みなさまただいまです!
無事トンガより戻りましたヽ(´ー`)ノ
いや~トランジットの関係もあって長い長い旅でしたがとても楽しいとなりました。

まずトンガという国の説明ですが、どこにあるかから説明しますね。
日本から南東のフィジーという国の近く、2000年には世界一早いミレニアムを迎えられる国として
日本でも騒がれました。
首都はヌクアロファといいトンガタプ島にありますが、今回は更に国内線に乗りババウという島へ
向かいました。

vava'u諸島


地図の-ボタンを押していくとどんな場所かわかるかと^^

色々スポット情報も地図に記載してるので興味ある方はどうぞ。

http://buzzmap.so-net.ne.jp/risingmoon-tonga



DSC_0042.jpg


遠路はるばるこの島にいった目的はもちろんホエールスイムです!
クジラを船の上から見られるところは日本でも数あれど、一緒に泳げるところなんて世界でも数えるくらい
しかありませんからね。
いけるときにいっちゃおーー!てな具合で半ば強引に呆れられつつも連休を取り行って参りました(ノ´∀`*)

ホエールスイムができるシーズンは7月~10月で乾季にあたります。
その中でも8月と9月はベストシーズンのため比較的この島も白人たちでにぎやかになります。
もちろん私たち日本人もこの時期に一番多く訪れることでしょう。
日本人の多くはやはりクジラとおよぐことが目的で、手配のわずらわしさや見知らぬ土地といった具合から、
有名なカメラマンが同行したツアーや手配に慣れた方が引率するツアーに参加する方が多いです。
そちらのツアーは船もチャーターでむっちゃ高いですけどその分楽しませてもらえることに期待デスネ。
ビンボウな私はもちろん個人手配でツアーの半額くらいで自由に旅をしてきました。
エスペランスの個人旅行よりハードルはかな~り低かったかな♪


DSC_0319.jpg


トンガへの行き方として一番メジャーなのはニュージランドのオークランド経由です。
そのほか余裕がある人はフィジー経由なんてのも楽しいでしょうね^^
日程に限りのある私は無論オークランド経由なのですが、オークランドに行くまでも経由便なので香港にストップオーバー^^; 飛行機だけで3回乗り換えることに^^;
オークランドからトンガに行くにはニュージーランド航空か、バージンブルーを使います。
いずれもオークランドまで日本で購入し、オークランドから先は個人でネット予約すれば問題なしです。
ただしトンガというお国柄日曜は飛んでないので、スケジュールは要確認ですね。


200909tonga490.jpg



また、トンガ本島からババウまで行く国内線には チャタムパシフィック なる航空会社を使います。
こちらもネット予約で簡単にGET。
いずれもきっちし預け荷物20キロなので注意が必要です。
手荷物もきっちし計られます・・・。
なので私の場合はノートPCと水中ハウジングを組み立てたまま機内持ち込みに。
クソ重たいけど 「カメラだよ!」 と言ってしまえば機内持ち込み荷物でも除外されるので通るんです^^


200909tonga192.jpg
親子クジラを撮影中~


次に宿さがしですが、vavau.to というサイトからめぼしい宿を探していくと便利かと。
初めは一軒家をレンタルしようと思っていたのですが、ハイシーズンゆえ予約に出遅れたため希望のところはすべて埋まってました^^;
そんななか目をつけたのが今回お世話になった Twin View Motel です。
市街地から少々離れているのですが徒歩圏内ですし、静かで眺めもまずまずの宿でした。
宿の紹介はまたそのうちに・・・。


200909tonga498.jpg
ブルーラグーンリゾートのラグーン。


そして目的であるホエールスイムですが、ババウではいくつもやっているお店があって、これもまた船をチャーターする予定だったのですが、ネットでのやりとりがうまくいかず断念 orz
結局チャーターはせず通常のデイトリップの会社に申し込むこととなりました。
電話で話せばいいのですが、私のつたない英語じゃ電話ごしはかなりムリー!!!
その節ではトンガにJICAの隊員としていかれている SAEさん にお世話になりました! 現地でかなり英語力鍛えられたんで次回は電話でがんばって見ますね(`・ω・´)
またトンガ本島では国際線と国内線の送りもありがとうございました! あれは絶対歩けません^^;;


DSC_00231.jpg
♂同士のヒートラン。迫力あります!


そんなわけでメジャー所のホエールスイム会社へメール。
決めたとこは Dolphin Pacific Diver  です。
結局私は1日ダイビング、5日間ホエールスイムを申し込みました。
同行した方は6日ともホエールスイムに全力を注がれてました^^
デイトリップはどの催行会社でも1日あたり150US$または250パアンガでほぼ統一されているような印象を得ました。
ただし数日泳ぐ場合は割引いてくれるので私たちの場合は5日間で一人600ドルになりました^^
こちらの会社へはなんとかフリーメールアドレス同士で連絡がつきましたが、思うに日本とトンガのドメイン会社の接続関係が悪いんじゃないかと^^;
まぁ最悪連絡つかなければ現地にいって申し込むだけでしたが(´∇`)


200909tonga492.jpg
Hakuna Matata号。スキッパーはトンガ人のMIKAちゃん。ガイドは白人の男女が交代で。


あとは、香港やオークランドでのトランジットの宿を決めたり、トンガタプ島での観光を申し込んだり、こまごまと。
旅の計画って立ててるとき楽しいですよね♡ 失敗もありますがw

200909tonga017.jpg
香港のトラム乗車風景。


そんなわけでまたダラダラとトンガ日記はじまりはじまり~。
ダイビングのように色々な魚の写真をげっとんという日記ではないので、あまり長編にならないかな・・・!?
けれども写真自体は膨大にあるので、またよろしくお付き合いくださいませ☆


200909tonga481.jpg
nice!(26)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

人の子もクジラの子も [tonga 2009/09]

DSC_0019.jpg

本日は台風で全国的に荒れ模様でしたね~
通勤にメトロ使用の私はなーーんにも影響ありませんでしたが( ´,_ゝ`)
ともあれ、影響のあったみなさまお疲れ様でした><
今後も東北にかけて大変な天気ですが被害が少ないことをお祈りしてます。

そして今朝またトンガのお隣バヌアツ地震がありましたね・・・連鎖的におきているような気がします。
まだ情報が詳しく届いてない模様ですが、被害が少ないといいですね。




DSC_00161.jpg


さて、トンガ報告の続きですが、今回は親子クジラの写真をずらずらっと一気にお見せしちゃいます(ノ´∀`*)
今回のトンガ旅行では5日間ホエールスイムに参加しました。
そのうち最初の2日間は正直ハズレ^^; 
3日目から徐々に当たるようになってきたので、1日だけ参加だとはずすこともあるってことがわかりました。
でも後半1日だけ参加の人たちはほんとにラッキーだったと思います^^
(この場合の「当たる」とは天気、水色、クジラのご機嫌がそろったことを意味します)

DSC_0037.jpg


中でも4日目は大当たり!
親子クジラとずっと遊ぶことができました^^
母親は息をしにたまに上がってくるだけで海底でじ~~っとしていました(寝ているのかな?)
なので子クジラだけが暇なのか興味津々でこちらに遊びにやってきます。

DSC_0226.jpg
見てますね~


DSC_0228.jpg
ちらっちらっと。


DSC_0232.jpg
観察しおわるとママに報告なのかスリスリっとしにいきます♡
この仕草がむちゃくちゃかわいくって萌えました(*´д`*)


お次はどんな感じで観察にくるのかを連続で紹介します^^

DSC_0244.jpg
ん?

DSC_0245.jpg
んんん・・・

DSC_0246.jpg
ハテ?

DSC_0247.jpg
も少し

DSC_0248.jpg
近づいてみよう

DSC_0249.jpg
どれどれ

DSC_0250.jpg
ふむふむ

DSC_0251.jpg
なるほど

DSC_0253.jpg
満足したぞ

DSC_0254.jpg
ママ~~

DSC_0256.jpg
あのねあのね~

DSC_0283.jpg
ヒソヒソ…

DSC_0284.jpg
じゃあもう一回

DSC_0262.jpg
行ってくるね~

てなことを繰り返しで、くるんくるんと舞いながら遊びにやっくるのでした♡

そんな中でも一番接近したのはTOPの画像です。
いや~~子クジラなのに大きかった><
こちらもまたその時の風景を連続で(ノ´∀`*)
それにしても子分いっぱいつれてますね(笑)

DSC_0018.jpg

DSC_0020.jpg

DSC_0021.jpg

DSC_0022.jpg

DSC_0023.jpg

DSC_0024.jpg

通り過ぎようとしつつ何度もこちらを確認されてます^^
ですが、このあとの写真がないのはママが真下にいてびっくらこいてしまったのでとれませんでした^^;;;
いや~・・・ドキドキヒヤヒヤしました^^;;

このくらいの子で8mくらいでしょうか。
少し育ってきてやんちゃな頃。人間と一緒でなんでも興味津々ですね^^
まさかクジラもこんな仕草で人間によってきてくれるなんて思いませんでしたから、本当に本当に感動しましたし、とっても嬉しかったです。゚(゚PД`q゚)゚。

200909tonga239.jpg
さぁ、いくよ~~!READY GO!!!

nice!(24)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ちょっと休憩 with mermaid♡ [tonga 2009/09]

200909tonga484.jpg

ホエールスイムの合間にランチタイムになるのですが、ドルフィンディスカバリーの場合パニーニのサンドイッチが
配られます。 (ほかのショップでは予約しないかぎりでないとこも多いです)
あとはIFOIFOという現地のタロイモスナックが配られたり、クッキーも配られたりするのですが、食の細い人でないと
物足りない感じではあるので、自分でそれなりに持ち込むことをお勧めします^^;
あとドリンクは基本的にでないので、飲み物も必ず用意していきましょう。

私と同行者の場合はよく食べるので(笑) 朝ごはんもちゃんと食べて、なおかつバナナや市場で買ったパンを
持ち込んだりしてました。

ランチのときによく行くポイントはここブルーラグーンリゾート前のラグーンです。

200909tonga482.jpg
日がな一日海を見てのんびりするには最適の1島リゾートですね~(*´ω`*)
ババウ諸島は意外とこういうビーチやラグーンが少なく、崖に周りを囲まれている男らしい雰囲気を持った島が多いのです。
なのでビーチがあるリゾートというのは基本的に高級リゾートなので(それでも1泊1万円~3万円程度)なんだか
あこがれちゃいます~(´ε` )



200909tonga487.jpg
上陸するにはかなり泳がないといけないので適当に船の周りをパチャパチャして遊んでます。
なんだか3層に分かれて面白かったので^^


200909tonga495.jpg
白砂は上から見ている分にはキレイなのですが、お魚大好き派の私にはちょっと物足りない風景です^^;



この日はクジラのご機嫌斜めであまり遊んでくれない日だったのでちょっとテンション低めでしたが、
でもそんな物足りなさを吹き飛ばすかのような美女と船をご一緒することができました(笑)

200909tonga664.JPG
リサ嬢です♡ クジラが好きらしく日本語教師として昔土佐にも住んでいたんだとか@@
こんな先生にだったら英語以外にも色々と教えてもらいたい生徒が多かったんじゃないかと(爆)



200909tonga665.JPG
この時彼女たちは大きなビデオカメラを持ち込んでいて、熱心にインタビューに受け答えしてる風景や
彼女がクジラと一緒に泳ぐ風景を撮っていました。
聞いてみるとどうやらオーストラリアでせくすぃーな水着のブランドを立ち上げているらしく、社長兼モデルとして
活躍しているようです。
日本のガイたちにね♡って、プレイボーイかこれはっ!みたいな美人なおねぇさんたちが妖しく微笑んでいる
カタログもいただいてきちゃってなんだか得した気分(笑)



休憩中にはほかに マリナーズ・ケイブ というとこにもよります。
波の浸食によって洞窟ができるのですが、水面部分まで天井で少し潜らないと入っていけません。
陸からみるとただの崖です^^;
水中をのぞくと暗くなっているとこが入り口です。

200909tonga280.jpg
見えにくいのですが水面より天井が30センチほど水中に入っています。
中に入るのには1mくらい潜れて、5mほど進むだけなんですが、やっぱりはじめは怖かったですね^^;



200909tonga279.jpg
シャッタースピード間違えたんで真っ暗ですが、中から外側をみたところです。
中はぽっかり空洞になっていてとても幻想的な雰囲気でした。



200909tonga278.jpg
水中をのぞくとこんな感じ。
ね?天井あるでしょう?


★ つまらない動画なのですが、ここのスノーケリング風景を動画で撮ってみました^^;






あとは帰りによくよるところとして、 スワローズ・ケイブ があります。
イワツバメの住む洞窟でぽっかり大きな口をあけていて見ごたえ十分なのですが、さすがに毎日寄ると
寒いしもう水に入らなくていっかーという気分になってきます(ノ´∀`*)

200909tonga222.jpg


けれども本日はマーメイド♡がいたので張り切って一緒に泳いで見ました(笑)

200909tonga201.jpg
金髪のマーメイド♡


200909tonga214.jpg
光が差してると気持ちよさそう^^



200909tonga230.jpg
なんか変だなと思ったらゴーグルしてませんでした^^;
なんだか目がしみてつらそうでした>< 
撮影のためとはいえスゴイなーと感心^^;



最後に船の様子を少し紹介します。

200909tonga673.JPG
これぞ、クジラを探しながらボートを運転する究極の技!(笑)



200909tonga687.JPG
エントリー待ちの様子。
1回のエントリーにつき、ガイドが一人、スノーケラーは4人までと定められています。
なんだか電線にならんだハトのよう(笑)



200909tonga237.jpg
奥からクジラがこちらに向かってきています。
こんな感じにボートから降ろしてくれるので基本的には御蔵島のイルカと同じですね^^



200909tonga686.JPG
バイバイ~~またねッ(^ー^)ノ~~


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - tonga 2009/09 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。