So-net無料ブログ作成
lembeh 2007/07 ブログトップ
前の3件 | -

レンベのお魚 その1 (プテラ・クマノミ) [lembeh 2007/07]

PICT0010_mark.jpg

もう1年ちょっと前のダイビングですが、とても印象に残った海でしたので紹介させていただきますね^^
(実は来月末から1週間のレンベ再訪が決まり、予習を含めての復習です^^;)
相変わらずダラダラと続きますがお許しくださいませ(*_ _)人

lembeh (レンベ) とはインドネシアのスラウェシ島の北部にあるレンベ島やレンベ海峡のことをさします。
変なモノ好きダイバーかインドネシア通でないかぎりあまり馴染みのない地名だと思います(ノ´∀`*)
通常スラウェシ島の大きなダイブサイトはマナド(メナド)のブナケン島周辺になるかと思いますが、マナドの方は白砂にサンゴがピキピキでキラキラな海なのに対し、レンベはなんだかどんより黒砂で大瀬崎の温いトコ(バリのPJやトランベンみたい)って感想がピッタリだと思います。
海の中の大半は地味目なとこばかりですが、マクロ好きな方はぜひ一度は潜りにいってみてね!損はないから!とお勧めの海域です。

そんなところで一際目にする機会の多いのがTOPのイソギンチャクに群れているこの子だったりします。

∵ バンガイ・カーディナルフィッシュ (プテラボゴン・カウデルニィ)

アクアリストさんたちにはプテラボゴンの方が通りがいいようですね^^ 実は友達も飼っていて大変キレイな上、丈夫で飼いやすいし、繁殖力も旺盛と言っておりました。 
実はこのお魚は元々はレンベにはいなく、同じインドネシアでもバンガイ島というところの固有種だったのだそうですが、熱帯魚をつんだ船がレンベ海峡で沈没してしまい、環境もあっていたのか一気に増殖したという話をききました。
なんだかそれを聞くと生態系の破壊という点では微妙な気分にはなるのですが、海の中でたくさん見れたことに喜びは隠し切れません(*´ω`*)

_DSC2292_mark.jpg


群れ群れで行進中のプテラさんたち

_DSC3417_mark1.jpg


そして同じイソギンチャクに同居しているのが、

∵ セバエ・アネモネフィッシュ (ホワイトチップ・アネモネフィッシュとも言われてますがどちらがあってるか不明です)

トウアカクマノミの親戚のようですね。全体的に丸っこくって黒くてかわいいのですが、近づくと黒いミサイルのごとく飛んできて、運が悪いと噛みつかれます・・・
写真は黒いミサイル射出の瞬間ってとこでしょうか(;・∀・)

_DSC2839_mark.jpg


こちらは小さなクマノミとプテラが共同生活してる様子です。

PICT0014_mark.jpg


アップにするとこんな感じで、まだ小さいうちはイソギンチャクに隠れて顔を出しています(*´ω`*)

_DSC2424_mark1.jpg


∵ マンジュウイシモチ

お馴染みイチゴぱんつちゃんです♪ ほどよい大きさの子だとイチゴ模様わかりますかね~^^?
レンベではこの子の方があまり見れないかな。 ただこの子の住む枝サンゴの群生するポイントにあまり行く機会がなかったからともいいます^^; ・・・いえ、昼間のボートダイブ終了後にセルフでビーチエントリーすれば見れるんですが・・・同行したバディ曰く、ビールが俺を待っている!との事でなかなか機会に恵まれませんでした(´ε` )ちぇ

_DSC2874_mark.jpg



ではでは、レンベのお魚日記はじまりはじまり~^^

_DSC2152_mark.jpg

nice!(16)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

レンベのお魚 その2 (カエル・カサゴ編) [lembeh 2007/07]

_DSC2473_mark.jpg


ちょっと時間が空いてしまいましたが続きをば^^
このレンベの海ではたくさんのカエルアンコウたちをみることができます。
大抵どーーーんっ!という感じのカエルンたちなので、マクロレンズには辛い子ばかりですが^^;;


∵ オオモンカエルアンコウ

この子達は30センチほどはあったかな? マクロレンズしか携帯してなかったので、結構離れて撮った覚えがあります^^; アンカーロープに2匹で仲良く乗ってましたがバランス感覚はいいほうでちょっと揺れていてもなんのその^^

_DSC3348_mark.jpg


∵ ヘアリー・フロッグフィッシュ

ヘアリーなフロッグフィッシュ(カエル魚)で黄色いムックのようでした^^ レンベ名物のケモケモふさふさの子かな^^
日本でもみれるようですが、ザ・カエルアンコウのロン毛バージョンとされてますね。
お初でしたし、見たかった子なので嬉しかったです♪

_DSC2613_mark.jpg


_DSC2605_mark.jpg


∵ クマドリカエルアンコウ (かな?)

かなり大きめなクマドリさんですね^^; でも黄色のクマドリさんは初めてみたのでうれしかった^^

_DSC2225_mark.jpg


その他はちょっとどの種のカエルアンコウなのかわかりませんがとにかくたくさんいたのでたくさん撮ってきました^^

真っ白い子がエスカをふって獲物を狙っています。
写真に撮って気がついたのですが、エスカの下にヒラメがいたんです@@
ん~・・・もう少し観察していたら決定的瞬間見れたのかな><

_DSC3653_mark.jpg


大きくてもまっ黄色でキレイな子でした^^ ん~きれいきれい♪

_DSC3818_mark.jpg


ブツブツ恐怖症の人にはちょっとグロかも^^;;
カモフラージュとはいえすごいなぁ(;´Д`)

_DSC3500_mark.jpg


_DSC3196_mark.jpg

_DSC3670_mark.jpg


カサゴ系もたくさんいて、よく目にしたのは・・・

∵ シマヒメヤマノカミ

黄色の子でした^^ レンベでは通常カラーのバリエーションで黄色の子が結構多かったように思えます。

_DSC2329_mark.jpg


∵ スパイニー・リーフフィッシュ

その名のとおり枯れ葉みたいにゆ~らゆら揺れて海底に落ちていました^^

_DSC2429_mark.jpg


二人で何をナイショ話してるのかな^^?

_DSC2432_mark.jpg


この子もスパイニーリーフフィッシュかしら?それともツマジロオコゼ?ハオコゼかしら?? いずれも顔の白いラインがあったりなかったりですが、別の種なのかどうかちょっとわかりません。
スパイニーさんたちのいる同じ環境でこの子達もたくさん落ちていました(^ω^)

_DSC3428_mark.jpg


_DSC3375_mark.jpg


∵ ヒメオニオコゼ

ちょっとつんつんしてキレイなヒレを開いていただきました(´∇`) 

_DSC3124_mark.jpg


お顔だけみるとこんな感じ。ちょっと口先が長いですね。 この子はナウシカに出てくる王蟲みたいに小さな足みたいなもので地面を歩くのです。 胸鰭の下にヨウジのような足みえますか?

_DSC3724_mark.jpg


∵ ハダカハオコゼ

かなり岩の奥にいたので光が回ってませんが、一応いましたってことで^^;

_DSC3809_mark.jpg


∵ サツマカサゴ

黒砂の上にいたので白いとかなり目立っていました。 

_DSC3355_mark.jpg


この子は黄色バージョンです。 どこに目があるかわかりますか? ハデなんですが意外とカモフラージュ上手ですね^^

_DSC2829_mark.jpg


∵ ボロカサゴ

レンベで忘れてはならないのはやはりボロカサゴ!
大きくて立派でキレイなレーシー具合でした^^
最初気がつかず着底しようとしたらガイドが あばばばばーーーっ!!と言いながら突進してきて、ガイド棒を私の下に向けてそこ見ろ!といわんばかりに差すではないですか。 するとこの子が。
30センチくらいはあった子なんだけど気がつかなかった自分に・・・orz

_DSC2788_mark.jpg


∵ エクスマイヤーズ・スコーピオンフィッシュ

ん~・・・正確な名前はわかりませんが、きっとアクアリストさんたちの間ではエクスマイヤーズで通っていると思いますん。 ガイドさんはフィノピアスと一生懸命言ってたのですが、それってボロカサゴ科総称かな?とか思ってみたり。
真っ赤なボロカサゴさんのお隣にこの子もいたのでガイドさん含めみんなで大興奮でした^^

_DSC2793_mark.jpg 

nice!(15)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

レンベのお魚 その3 (ハゼ編) [lembeh 2007/07]

_DSC3323_mark.jpg

お次も地味ですがレンベで出会ったハゼシリーズを^^
レンベの砂は黒砂なのでそこを住処にしているハゼさんも色黒な子が多いです。
ですが、その分色合いもビビッドなので個人的には白砂にいるハゼさんより黒砂にいるハゼさんの方が好きだったりします^^
そして私があぁハゼってキレイ~~(*´ω`*)とハマるきっかけになったのが、

∵ メタリック・シュリンプ・ゴビー

当時のダイビング雑誌で見て以来虜になりました(*´д`*)ハァハァ
探せばけっこういるし、固体も大きく意外とずぶとい神経して撮りやすい子だとは思うのですが、うまく撮れたためしがないのは気合が入りすぎなのでしょうか。。。(´-ω-`)
一見地味なんですが、このキラキラ感がなんともいえなく大好きなのです^^

_DSC3107_mark.jpg


∵ ヒレナガネジネジ

光がちゃんと当たってないのですが、この子達もなんとなく色黒です^^ 

_DSC3015_mark.jpg


∵ ダンダラダテハゼ

クビアカさんと間違えてました^^;ダンダラさんが正解ですね^^;いまいち寄りきれず^^;

_DSC2211_mark.jpg


∵ アークフィン・シュリンプゴビー (ホースシュー・シュリンプゴビー)

む~・・・背びれをちゃんと広げているとこを撮るのが次回の課題ですね><

_DSC2384_mark.jpg


∵ ムラサメハゼ

前はブラックシュリンプゴビーなんて呼ばれていたようですね。
フタホシタカノハハゼやギンガハゼと一緒で黒~黄色のバリエーションがあります。

_DSC2747_mark.jpg


_DSC2577_mark.jpg


∵ フタホシタカノハハゼ

こちらも黄色と黒の子GET^^

_DSC4026_mark.jpg


_DSC3215_mark.jpg


∵ レッドマージン・シュリンプゴビー

でいいのかな? 背びれの赤い点々が目印のようです。
でも上と下の写真同じ種類でいいのかな^^;?

_DSC3180_mark.jpg


_DSC2847_mark.jpg


∵ ハチマキダテハゼ

目に斜めに入ったハチマキがトレードマークです^^
ランドールシュリンプを2匹も従えて立派な家の門番になりましたね(笑)

_DSC2742_mark.jpg


∵ マスクド・シュリンプゴビー (ネイキッドヘッド・シュリンプゴビー?)

目に入る1本のタテジマが特徴です。ミクロネシアでよくみられるのかな?

_DSC3038_mark.jpg


∵ ヒノマルハゼ

体の大きな●がチャームポイントですね^^ ドロ地気味なとこが好き。

_DSC3361_mark.jpg


∵ サラサハゼ

こちらも黒砂ならではの真っ黒けの子^^ 

_DSC3410_mark.jpg


∵ シマオリハゼ

この子もドロドロ地帯が好きな子ですね^^ クリアな水で撮れるときがくるのであろうか^^;

_DSC3431_mark.jpg


∵ ヤツシハゼ

背びれピーンだからヤツシハゼでいいかな^^;? 

_DSC3440_mark.jpg


∵ シマカスリハゼ

背びれのブルーのポイントが鮮やかです^^

_DSC3439_mark.jpg


∵ キイロサンゴハゼ

枝サンゴの上でちょこんと乗っている姿がかわいいハゼです^^

_DSC4091_mark.jpg


∵ ストライプヘッド・ドワーフゴビー

赤いシマシマが特徴のベニハゼの仲間です。
ベニハゼはみんなかくれんぼ名人なのでいつも見つけようとして見つけられません^^;

_DSC2878_mark.jpg


∵ オニハゼの仲間

どの種類かわかりませんが顔つきがオニハゼかなっと^^;
この子吼えてます(´艸`) あおーーん!

_DSC3120_mark.jpg


オバQみたいなまん丸お目目^^

_DSC3085_mark.jpg


最後は一番レンベで見たかった

∵ レイド・シュリンプゴビー

背びれがかっくいい~♪ でもホタテツノハゼと違って臆病なので背びれを開かせるのが大変だった><
開かせようとすると引っ込まれの繰り返し。。。orz

_DSC3707_mark.jpg

nice!(16)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - lembeh 2007/07 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。